シラグラならバイアグラよりも安い

ED治療薬として最も知られているのがバイアグラです。
世界初のED治療薬ということもあり、発売当初は日本でも話題になりました。
ただ、良い話題ばかりではなく、一部では危険な薬だというような噂も流れています。
その作用から興奮剤や精力強壮剤の類と勘違いする人が多く、無理な服用をしたことで強い副作用や健康被害、最悪のケースでは死亡者が出たという事例もあり、よくな印象がついてしまったのが現状です。
しかし、医薬品であるということを考えれば、無理な服用をすることで当然なにかしらの影響があっておかしくはないのです。

最近では、バイアグラに続いてほかのED治療薬も増えてきたことから一般的に広く正しい情報が認知されるようになり、以前のような無茶な服用をするケースは減っています。
さて、ED治療薬として有名なのはバイアグラですが、バイアグラ以外にもED治療薬はたくさんあります。
大別すると、先発医薬品と後発医薬品に分けられるのですが、先発医薬品は新薬と言いバイアグラ、レビトラ、シアリスの3つ、後発医薬品はジェネリック医薬品はと言い複数種類があります。
最近では新薬よりもジェネリック医薬品のほうが利用されることも少なくはなく、その利点としてジェネリック医薬品の方が1錠あたりの価格が安いという点があげられています。
シラグラは、ジェネリック医薬品の中でも有名なED治療薬の一つです。

そもそもジェネリック医薬品とは、新薬と同じ成分と製法で製造された医薬品のことで、シラグラはバイアグラのジェネリック医薬品となります。
バイアグラと同じ有用成分シルデナフィルが含有されているため同等の効果を得ることができるでしょう。
シラグラの薬価は1錠150円~300円程度で、バイアグラの1錠1500円程度と比較しても5分の1~10分の1の価格で購入できるのが特徴です。
同じ効果が得られる医薬品を、この安さで購入できるのですから選ばない手はないでしょう。
ただし、シラグラはインド国内のみでの販売となっており、日本での取り扱いはありません。
そのため入手するとしたら個人的にインド国内に出向いて購入してくる、もしくは個人輸入にて輸入購入をする方法を採ることになりますが、多くの方はインドまで出向くことはできないので個人輸入に頼っています。
医薬品の個人輸入は、厚生労働省も認めている入手手段ですので利用すること自体は問題ありませんが、素人が行うには難しいので個人輸入代行業者を仲介して輸入をするのが一般的です。
個人輸入代行業者は、通常のネットショップと同様のサイトを開設しています。

そこからシラグラを購入すれば、あとは輸入手続きを代行業者が行ってくれるというシステムです。
消費者は日本のサイトでネットショッピングをするだけですので難しいことはありません。
ただし、個人輸入代行業者といってもピンキリで、中には悪質業者がいないとは言い切れませんので利用するサイトは慎重に検討しましょう。